トップ人材育成セミナーシステム運用の入門編

システム運用の入門編

概要

情報システムを支えるシステム運用の仕事は、日々、きちんとこなさないと大きな問題になり、企業存続に影響を与える事になります。システム運用という仕事の重要性を知り、責任ある行動がシステム運用の現場に求められます。
「システム運用の入門編」セミナーでは、システム運用の仕事の目的を理解し、責任ある行動が現場レベルで要求されていることを理解し、仕事に取り組む姿勢を深めます。

コース概要

本講座では、システム運用の基礎知識を講座とワークショップを通して学び、日々の業務に役立てていただく事を目標にしています。

・システム運用業務を体系的に学び、求められる技術を学習する
・講義・実習・討議を通じてアドバイスや気づきを受けながら学ぶ体験学習方式
・ITサービス提供者に求められる役割を理解し、システム運用の基礎知識を習得する

研修の到達目標

  1. システム運用の目的やITサービスマネジメントの重要性を理解し、企業経営との関わりを理解する
  2. システム運用の役割と機能を体系的に理解し、品質の向上と生産性の高い行動ができる能力を強化する
  3. 業務に必要な対人関係能力を啓発する

対象者

・ITシステムに携わる新入社員
・ITシステムに携わるシステム運用担当の方、システム管理担当の方
・システム運用部門に配属または異動された方

前提知識

・特になし

研修のプログラム

時間 1日目 2日目
9:00 受付開始 受付開始
9:30

12:00
オリエンテーション
・講座の目的、概要の説明
【実習】
システム運用とは
(シート記入、発表)
【講義】
IT運用管理
・システム監視、ジョブ管理、バックアップ管理、ログ管理、資産管理
・IT運用管理ツールの種類
【講義】
ビジネスとIT、システム運用入門
・企業におけるIT活用
・ユーザー事例
休憩
13:00

17:30
【演習(ワークショップ)】
システム運用の日常
(10のQuestion)
・個人プレワーク、グループ討議、発表
【講義】
サービスデスク
・サービスデスクとは
・問い合わせ、QA、サービス要求の例
【講義】
ITIL®とシステム運用
・ITIL®とは
・4つの機能、運用業務との関連
・ITIL®のメリット、プロセス、改善
*ITIL®:
Infomation Technology Infrastructure Library
【演習(ワークショップ)】
“多発するミスの衝撃” を読んで
・記事内容に対するディスカッション
【講義】
技術管理
・コンピュータ基礎、インフラ管理(導入、保守)
・ネットワーク、サーバ・OS・データベースの基礎、種類
【実習】
リフレクション(シート記入、発表)
アンケート記入
終了

受講されたお客様からのご感想(一部抜粋)

ご感想
システム運用の基本や考え方がほとんど理解できていなかったので、とても勉強になりました。
現在現場で使用しているミドルウェアなどの話もあり、興味をもって学ぶことができた。
運用の基礎だけでなく、実務経験の長い方とお話しできて有意義な時間を過ごすことができました。

受講概要

講座:ITサービス提供者のマネジメントコース システム運用の入門編
開催日:公開講座はこちらをご覧ください。オンサイトでのご希望はこちらよりお問い合わせください。
日程:2日間(9:30〜17:30)

受講料/定員

受講料:\80,000/人(税抜)
シスドック会員価格:\64,000/人(税抜)
定員:16名     ※本講座の開催最小人数は6名です。

セミナーお申し込み

ページトップへ